先輩の声 Vol.4
TOP > 採用情報 > 先輩の声 Vol.4
先輩の声 Vol.4
自分のことだけでなく、工場全体を「輪」のように考える。
馬渕/レーザーCAD担当 班長/2007年入社
 設計として多くの経験をさせていただき、今は班長として自分の担当をこなしつつ、後輩の指導も行っています。立場上、忙しい毎日ですが、最近特に気を付けていることは、工場全体を大きな一つの「輪」のように考える、ということです。

 設計者の立場としては、一枚の鋼材から効率よく、より多くのパーツを切り出せるように考えれば良いのですが(ネスティングと言います)、それだけではなく、材料の在庫や受注状況、現場の稼働状況や納期、加工の難易度に応じて、会社にとってのベストな選択を心がけています。場合によっては、一見非効率ではあるけれども、納期に対応するために切りやすさを優先して設計します。

 そういったことを念頭に置きながらの業務は大変なことも多いですが、お客様から喜びの声を頂くたびに、やってよかったと思います。
■01. 現在の仕事内容を教えてください。
CADソフトを使った作図作業、電話対応等。

■02. 社会人になってギャップを感じたところは?
当たり前ですが、それぞれに役割があって、責任があるところです。

■03. 今の目標はありますか?
3Dでの展開や材料の事などまだまだ分からない事も多いので勉強したいです。

■04. 社内の雰囲気や休日の過ごし方などを教えてください。
みんな個性的で明るくていい雰囲気です。

■05. ズバリ、仕事のここがキツイ!
失敗した時がキツイです。特にCADでの失敗ではお客様に迷惑をかけてしまうのでとても落ち込みます。一生懸命やった時に失敗して信用をなくしてしまうのが一番ツライです…

■06. 大失敗した時のことを教えてください。
ただ、ひたすらに反省です。そして同じ失敗はしないこと。

■07. 同業他社と比較したとき、自社の強みだと思うところは?
切断、曲げ、巻き、開先、孔明け、CADでの展開など、さまざまな事に対応出来る事です。

■08. 今の仕事の魅力を教えてください。
とても忙しいし、CADでの展開などむずかしい事も多いですが、だからこそやりがいはあるし、実際に出来上がった製品を見た時の達成感も大きいです。

■09. 10年後、どんな社会人になりたいですか?
10年後…今が精一杯なのであまり考えられません…

■10. 就職活動中のみなさんにアドバイスをお願いします。
知らない分野でも視野を広げてみるといいと思います。色々不安もあると思いますが、わからないことや出来ない事を無くす努力をすれば自身も付くし楽しくなります。結局やってみないとわからないし、もしダメでも無駄ではないはず。

ありがとうございました!
お問い合わせはこちら